HSK TOOLING SYSTEM(HSKツーリングシステム) 〔 HSKシャンク HSKツーリング HSKホルダ 〕

  • 加工別製品選定
Top › HSK TOOLING SYSTEM

高精度二面拘束をフルに発揮するBIG HSKツーリングシステム

HSKはドイツで生まれた中空ショートテーパのツーリングシステムです。機械主軸とホルダがテーパとフランジ端面の二面を同時密着させることによって、剛性と精度向上を目的とした主軸インターフェイスです。

高精度二面拘束をフルに発揮するHSKツーリングシステム。〔HSK A、HSK E、HSK F、HSK T、HSKシャンク、HSKツーリング、HSKホルダ〕

トルク伝達に重要なドライブキー

HSK A シャンク(DIN 69893-1)(ISO 12164)ではトルク伝達はテーパ小端にあるドライブキー溝で行ないます。この時重要となるのはドライブキー溝の外側にあるR 面です。このR 面でトルクを受けるように設計されています。BIGではこのドライブキー溝幅およびR 面を正確な寸法にするため全てのツールを熱処理後の加工で仕上げています。

厳選した材料を使用

中空の1/10テーパであるHSKシャンクは、表のように非常に薄肉になっており、割れなどのトラブル発生が懸念されます。そのために、BIGでは最適な硬度と強度を有する厳選した材質を採用し、トラブルの防止を行なっています。

HSKサイズ T
25 1.09
32 1.25
40 1.92
50 2.60
63 3.47
100 5.17

豊富な商品アイテム

高速対応ツーリングを初め、高精度・高剛性タイプ・旋削加工ツーリングなど、数多くの商品アイテムを取り揃え、最先端の加工ニーズにお応えします。

タイプ テーパ
HSK A 40, 50, 63, 100, 125
HSK E 25, 32, 40, 50
HSK F 63
HSK T 63, 100